警備員が来るまでの流れ

ホームセキュリティ比較RANKING

異常が検知された場合、直ちに警備会社に通報され、警備員が速やかに駆けつけてくれます。

ホームセキュリティTOP > 警備員

異常が検知されたら

ホームセキュリティのシステムは各警備会社によって異なりますが、異常事態を検知してから実際に警備員が来るまでの流れはほとんど同じです。

各警備会社は異常通報を受けた後、住まいや家人への被害を最小限にとどめるため、無駄のない動きですばやく対処します。

もちろん、通報から警備員到着までの時間が短いほど被害は最小限で済みますので、ホームセキュリティを選ぶ際は、対応の素早さを考慮するようにしましょう。

ここでは、異常通報から警備員が駆けつけるまでの流れを紹介します。

警備員が来るまでの流れ

1.センサー・カメラが異常を検知

自宅内に設置されているセキュリティ機器が侵入や火災、非常事態などの異常を検知します。

セキュリティ機器は警備会社によって異なりますが、人感センサーカメラなどが主流となっています。

ちなみに、センサーは室内だけでなく、窓に設置するタイプもあります。

2.異常を通報

屋内センサーが異常を検知すると、自宅に設置されたホームサーバーを通じて、各警備会社に通報されます。

異常通報は警備会社の警備司令室に警報として送信されます。

3.モニターで異常確認

異常通報を受信すると、警備司令室に設置されているモニターに異常内容が表示されます。

司令室にいるオペレーターは異常の内容や異常が発生した住宅の住所等を確認します。

4.警備員に指令伝達

異常内容を確認した後、オペレーターは待機中または巡回中の警備員に異常発生を伝達し、指令を送ります。

待機中の場合は警備員の携帯電話に。巡回中の場合は車に設置されている無線に連絡が入ります。

5.警備員が到着

指令を受けた警備員は直ちに対象の住宅に向かい、異常事態を確認・対処します。

警備員が来るまでにかかる時間

上記の流れからわかる通り、各警備会社は通報から警備員派遣まで、極力無駄のない伝達を心がけています。

しかし、状況に応じて交通ルールなどを無視できる救急車やパトカーとは異なり、警備会社は交通ルールを守りながら対象の住宅に急行することになります。

実際に警備員が来るまでにかかる時間は対象の住宅から警備会社までの距離などによって若干左右されますが、交通ルールなどを考慮すると、おおむね25~30分以内が目安となっているようです。

セコム【SECOM】

セコムしてますか?セコムホーム セキュリティの資料請求はこちらから
www.secom.co.jp

アルソック【ALSOK】

"公式"今お使いのネット回線で出来る 安全・確実ALSOKホームセキュリティ
www.alsok.co.jp/

セントラル警備保障【CSP】

月額2,945円~。更に業界初、振り込め 詐欺保険や健康相談の特典が付きます!
we-are-csp.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ホームセキュリティの比較ランキング All Rights Reserved.